Reports

Motto Tanabe 30th Anniversary Live (2) (2010-02-14)
トリプル・トーキョー!?

Last Update: 2017-01-01

初日のライブの模様... Go to Motto Tanabe 30th Anniversary Live (1) (2010-02-13) Session of Wonder

トリプル・トーキョー

二日目(2月14日)は,トリプル東京のメンバーであるシンシア(Vo)と芳野藤丸を迎え,スタンダード化しつつある70年代〜80年代のディスコ&ソウル・チューンでお楽しみ頂きました。

出演メンバー

シンシア(Vo)
The Triple X活動休止後,東京在住組で一時期組んでいた「トリプル東京」のボーカル。その歌唱力と声に田辺が惚れ込み,今回横浜から招待,当ライブが実現した。
芳野藤丸(G/Vo)
日本の音楽シーンを30年余り引っ張り続けている日本屈指のセッションプレイヤーであり,数多くのアーティストに楽曲を提供,プロデュースもこなす。一方で,自らのバンドSHOGUNでは松田優作主演「探偵物語」他の音楽を担当。松下誠らと組んだAB'SではUKチャート80位にチャートインした実績も持つ。田辺とはThe Triple X,トリプル東京で共に活動。
安達久美(G)
田辺の活動拠点でもあるRAGの所属ギタリスト。2005年に元T-Squareの則竹裕之の呼び掛けによる安達久美クラブパンゲアで活動開始。今最も注目されているギタリストの一人。
CHIEZO(Key)
田辺の今回のライブで唯一二日連続でサポートを依頼したミュージシャンである。
古谷光広(Sax)
今関西で最も信頼の篤いサックス・プレイヤーの一人。MCの上手さでも定評がある。
飯嶋あかね(Cho)
京都を拠点に活動しているウェスタナーズのボーカリスト。どうしても女性コーラスが欲しいということで急遽出演要請。
マーティー・ブレイシー(Ds)
もんた&ブラザーズのドラマー。活動時期は異なるものの田辺が最初に所属したバンドSpinach Powerにも一時所属。田辺と最も付き合いの長いミュージシャンの一人でもある。
田辺モット(B)
二日目には,プログレとはまた違ったベースの面白さを楽しめるポップスを選択。

セットリスト

  1. You're So Vain (Carly Simon)
  2. Summer Breeze (Seals & Crofts)
  3. Hotel California (Eagles)
  4. Love Will Keep Us Together (Captain & Tennille)
  5. What's Going On (Marvin Gay)
  6. Listen To the Music (Doobie Brothers)
  7. Chiquitita (ABBA)
  8. Dancing Queen (ABBA)
  9. Venus (Shocking Blue)
  10. Saturday Night Fever (Bee Gees)
  11. Encore: Imagine (John Lennon)

↑

ライブ中のショット(写真提供:RAG)

シンシアとマーティー・ブレイシー (1) ((c) RAG) シンシアとマーティー・ブレイシー (2) ((c) RAG)

CHIEZOと芳野藤丸 ((c) RAG) 古谷光広と安達久美 ((c) RAG)

古谷光広と田辺モット ((c) RAG) 左から:田辺モット,古谷光広,飯嶋あかね,安達久美 ((c) RAG)

↑

リハーサルシーン

この日は,リハーサル中の写真撮影を手配できたので,開場の30分前まで押したリハーサルの様子とステージ上では見られない演奏メンバーの表情を特別にご紹介します。

芳野藤丸、CHIEZO, シンシア、マーティー・ブレイシー,田辺モット、古谷光広、安達久美、飯塚あかね

(左から)芳野藤丸(G/Cho), CHIEZO(Key), シンシア(Vo), マーティー・ブレイシー(Ds/Cho), 田辺モット(B), 古谷光広(Sax), 飯塚あかね(Cho), 安達久美(G)

シンシア,マーティー・ブレイシー,田辺モット 古谷光広,安達久美

芳野藤丸 シンシア 安達久美(ストラト)

CHIEZO マーティー・ブレイシー 飯塚あかね 古谷光広

芳野藤丸,CHIEZO シンシア,マーティー・ブレイシー,田辺モット

シンシア シンシア,マーティー・ブレイシー,田辺モット,古谷光広

リハで打ち合わせ中

田辺モット マーティー・ブレイシー,田辺モット,古谷光広

↑